トップページ > Vライン > Vラインの脱毛は女性としての最低条件

Vラインの脱毛は女性としての最低条件

Vラインとは、ビキニラインとも呼ばれる脚の付け根のラインです。
アンダーヘアの中でも最も人気の脱毛部位ですね。
きちんとお手入れしていないとビキニになったとき、アソコの毛がはみ出たりして悲惨ですから、ハイジニーナは予算の都合で無理だとしても、Vラインだけは脱毛しておきたいところ。
脱毛エステによっては、Vラインを「サイド」「上部」とさらに分けられることもあります。
下記に各脱毛サロンのVラインの範囲を記載しておきますので、確認しておきましょう。

主要な脱毛サロンのVラインの定義

TBC



エピレ

①ビキニライン上 ②ビキニラインS(両サイド) ③トライアングル

脱毛ラボ

①V上 ②Vライン

ピュウベッロ

①Vライン(ビキニライン)

ミュゼプラチナム

①Vライン ②トライアングル上 ③トライアングル下

銀座カラー

①Vライン(上部) ②Vライン(サイド)

具体的にVラインのどこを処理したいか決めておく方が良いです

上記のように各サロンによってVラインの範囲が異なりますので、予めどの部位を処理したいのか細かい部分まで考えてから申し込むと良いでしょう。