Vラインの脱毛は女性としての最低条件

Vラインとは、ビキニラインとも呼ばれる脚の付け根のラインです。
アンダーヘアの中でも最も人気の脱毛部位ですね。
きちんとお手入れしていないとビキニになったとき、アソコの毛がはみ出たりして悲惨ですから、ハイジニーナは予算の都合で無理だとしても、Vラインだけは脱毛しておきたいところ。
脱毛エステによっては、Vラインを「サイド」「上部」とさらに分けられることもあります。
下記に各脱毛サロンのVラインの範囲を記載しておきますので、確認しておきましょう。

主要な脱毛サロンのVラインの定義

TBC



エピレ

①ビキニライン上 ②ビキニラインS(両サイド) ③トライアングル

脱毛ラボ

①V上 ②Vライン

ピュウベッロ

①Vライン(ビキニライン)

ミュゼプラチナム

①Vライン ②トライアングル上 ③トライアングル下

銀座カラー

①Vライン(上部) ②Vライン(サイド)

具体的にVラインのどこを処理したいか決めておく方が良いです

上記のように各サロンによってVラインの範囲が異なりますので、予めどの部位を処理したいのか細かい部分まで考えてから申し込むと良いでしょう。

Vライン脱毛エステおすすめランキングBEST3

ミュゼプラチナム

ミュゼでは納得のいくまで通い放題で3,600円のVライン脱毛完了コースが一番人気!さらに今ならWEB予約すれば1,000円引きの2,600円で脱毛し放題!もちろん追加料金も無しなので安心♪

TBC

Vライン上部かサイドどちらかのみ+トリプル美肌ケアで実質4回2,000円のTBCがお得!

TBC体験申込み
エピレ

Vライン上部かサイドどちらかのみなら実質4回2,000円のエピレ。最近人気急上昇中!

エピレ体験申込み

失敗したくない女性に人気のコンテンツBEST3

脱毛する前に知っておきたいハイジニーナのあんなコトやこんなコト

自己処理は危険すぎる!

ハイジニーナ脱毛で失敗する典型的なパターン「自己処理」が危険な理由とは?

脱毛サロンの選び方

これだけは押えておきたい!失敗しない脱毛サロン3つの選び方

ハイジニーナQ&A

痛みは?勧誘は?疑問や不安に思うことはQ&Aコーナーで解決!